短期集中で英語を伸ばすポイントは授業時間

フィリピン留学は他の英語圏と異なる部分もいくつかあるのですが、その1つが授業時間です。

フィリピン以外の国で留学を行うと、大体1日4時間から5時間ぐらいに設定されていることが多いのですが、フィリピン留学の場合には、大体7時間から8時間ぐらいとなっているため、短期集中型と言えるでしょう。

長期間留学をするということは、その分費用も高くなります。しかし、短期間で勉強時間を増やせば、安い料金で十分な勉強ができるようになるのです。よって全く英語がわからない、英会話ができないという人の場合には、長期間じっくりと時間をかけて留学するのがよいのですが、ある程度英会話ができる人の場合には、フィリピン留学が適しています。

短期間で今よりも英会話のレベルを向上させたいという人もたくさんいるので、そのような人はフィリピン留学を行うと、短期間で英語の読み書き両方のレベルアップができます。また、多数のコースが設けられているので、コースによっても授業時間が変わってきます。